水族列伝

2014年07月23日(水)  水族列伝

なまずや各務原分店でひつまぶしを食べた後にアクア・トトへ行った。

服部母娘とほぼ一日、真夏日のオアシスパークで楽しく過ごした。

2014年04月17日(木)  水族列伝

快晴!そこで気分転換と散歩方々アクア・トトまで行った。9ヶ月ぶりだった。

アジアやアマゾン水槽もいいが、今日はタンガニーカ湖水槽が妙に落ち着く。

新しい飲食店も随分と増えていたので今後は頻繁に訪れようと思った。

2013年12月19日(木)  完食記録 , 日帰借景 , 水族列伝

青春18きっぷを使うのが主たる目的で鳥羽水族館へ向かった。

11時半頃に付いたので、まずは吉平で汐ラーメンを食べた。

3分くらい小雨が降ったが、すぐに晴れた。鳥羽水族館までぶらぶら歩いた。

アマゾン館で赤が強いピラルクーをずっと目で追っていた。

平日の真っ昼間なのでジュゴンのセレナをほぼ独り占めできた。

ボーっとナポレオンフィッシュを眺めていたら首が疲れた。

そろそろ伊勢うどんでも買って帰るか。来週は掛川か奈良のどちらかへ行く。

2013年08月24日(土)  完食記録 , 宿飯行脚 , 水族列伝

真夜中、雷鳴とともに閃光が走ったが、それはそれでなかなか風情があった。

早朝6時。あいにく朝陽を見ることはできなかったが、濃厚な緑が映えていた。

楽しみだったブレックファースト。アツアツのパンとマフィンを貪るように食べた。

その後、食べ切れないほどの手作り料理が目の前にワンプレートで出された。

〆はチョコバナナのクレープだった。マフィンの追加はやめておけばよかった。

食後をのんびり過ごした後、デイビッドに志摩マリンランドまで送ってもらった。

小さな水族館だが、工夫を凝らしたイベントも多くてかなり楽しむことができた。

大回遊水槽での海女さんの餌付けも面白かった。一日でも過ごせそうだった。

この水族館の目玉はマンボウなのだろうか。ボーっと眺めていたら眠くなった。

賢島を後にし途中の鳥羽で伊勢うどんを食べた。案の定、好きにはなれない。

2013年08月23日(金)  完食記録 , 宿飯行脚 , 水族列伝

遅いお盆休みということで次女と2人で鳥羽・賢島へ一泊旅行することにした。

近鉄で鳥羽へ着くや否や漣の海老フライ定食を注文した。病的に大きかった。

最後は罰ゲームに思えるくらい満腹になった後、歩いて鳥羽水族館へ行った。

何回も訪れている鳥羽水だが、セイウチのショーは初めて見た。面白かった。

海老フライがまだ消化されないまま今夜、一泊する賢島SPEAKへ向かった。駅まで出迎えてくれたオーナーのデイビッドはイギリス人で私と同い年だった。

窓からの眺めは素晴らしく、何もせずに過ごすには最高のロケーションだった。

2013年07月5日(金)  水族列伝

凄まじい湿気で体がだるい。気分転換と涼を取りにアクア・トトまで出掛けた。

熱帯魚のカテゴリだけでなく、生き物の中で最も美しいと思うのがピラニアだ。

2013年05月22日(水)  宿飯行脚 , 水族列伝

久しぶりに熟睡できた。少しは疲れも取れたような気がしたが腰は痛かった。

小さくカットされた数種類のパンをシークヮーサージュースでそっと押し流した。

素晴らしい!美ら海水族館。正面の絵だけでも美し過ぎて見惚れてしまった。

ここに来るまでにかなり回ったので腹2分目となった。軽いものでごまかした。

次女がジャンケンという理不尽な選考方法に勝ち進んでステージ上に立った。

いい。溜息が漏れるくらい、いい。1時間ほど最上席からボーっと眺めていた。

オキナワ・マリオット・リゾート&スパ。周囲には何もなかったので仕事をした。

ネットが繋がれば仕事ができてしまう環境が理想なのか?とは考えなかった。

夕食のブッフェは何を食べても美味しかったが、一皿で満腹になってしまった。

2013年04月25日(木)  水族列伝

「快晴」「GWは自宅軟禁」「0円♪」という3つのキーワードから連想してみた。

その答えは「アクア・トト」しか出てこなかった。僕に2時間だけ時間をください。

多くの骨の標本が展示されており、私がこよなく愛すピラルクーの頭もあった。

ソフトクリームにしようか迷ったが、100円も安いメンチカツバーガーを食べた。

2013年03月11日(月)  天下布武 , 完食記録 , 宿飯行脚 , 水族列伝

几帳面な性格のため一日の予定は分刻みとなっている。娘を6時に起こした。

7時からの朝食だったが5分前に入った。経験上、7~8分前までは許される。

2回目となる熊本城は、PM2.5の影響もなく終始その姿に圧倒され続けた。

熊本城と界隈を舐めるように歩き回った後、市電に乗ってJR熊本駅に行った。

初めて九州新幹線に乗車した。2列シートの指定席は間違いなく快適だった。

14時5分に鹿児島中央駅に着くや否やホテルに駆け込み、荷物だけ預けてかごしま水族館へと市電で急いだ。感心するほど完璧なスケジュールだった。

そして、ジンベエザメで見事に癒された。娘はiPhoneで大量に撮影していた。

しかし、よく歩いた。2日続けて靴下の右足親指部分に致命的な穴を開けた。

イルカショーが始まる前のこと、正面のスクリーンに父娘の姿が映し出された。

空腹となった。さらに空腹感を盛り上げようと予約していた焼肉店まで歩いた。

ところが年齢のせいかネギタン塩で満腹となり、赤身三種盛は娘が平らげた。

可愛いプチホテルに娘は喜んだが、私が一人旅で利用することはないだろう。

2012年12月25日(火)  水族列伝

約5ヶ月ぶりにアクア・トトぎふへ行った。年間パスポートを持ち、車で15分で行ける環境でもなかなか思うようには行くことができない。すこぶる寒かった。

そのせいか99.65%の占有率だった。アロワナとパクーの群泳を愉しんだ。

凄く風が冷たくて体の芯まで凍えそうになった。とりあえず五臓六腑を温めた。

メールマガジン 砂漠に水

メールアドレス