2012年10月31日(水)  楽観日記

最近は肩が凝るほど朝晩の冷え込みが激しかったのでピクシーシュリンプの水槽にヒーターを設置した。いつか中華料理の素材にするというのは冗談だ。

せっかくなので簡単な掃除と水替えもした。数ヶ月の寿命どころか3年以上も生きているのは100%、ご主人様の溢れんばかりの愛情の賜物に違いない。

2012年10月30日(火)  楽観日記

ジャン=ポール・サルトルの『水いらず』の中に『壁』という面白い一編がある。

我が家の外壁も塗り替えの時期となった。「お値打ちに」と背後から合掌した。

2012年10月29日(月)  楽観日記

哲学者カントがよくやったように、ちょっと考え事がてら柳ヶ瀬方面へと歩いた。

必死に考えた末、不発だった。明日で終わる北海道展で弁当を買って帰った。

2012年10月28日(日)  楽観日記

娘たちが予約していたiPhone5が届いたようなので各務原イオンに出掛けた。

次女のガラケーの待ち受けには「己に勝つ」と書いてあった。父も肝に銘ずる。

2012年10月27日(土)  楽観日記

いつのことだか記憶に薄いが、ヴィ・ド・フランスで応募ハガキを書いたようだ。

きっとそれが当たったと思われる。A賞の銀座千疋屋フルーツセットが届いた。

2012年10月26日(金)  楽観日記

昨日、岐阜タカシマヤで「なめられたものだな」と呟きながらもロイズを買った。

今日は一歩も出掛けずパソコンと向き合っていたので糖分を大量に摂取した。

2012年10月25日(木)  完食記録

岐阜タカシマヤで北海道の物産展が催されていた。散歩がてら寄ってみたら案の定、ロイズの売り場面積が一番大きかったが商品の種類は少なかった。

「なめられたものだな」と呟きながら、11階で皿うどんを食べたが不味かった。

2012年10月24日(水)  天下布武 , 完食記録 , 日帰借景

財布の中が悲惨な状態だったので2000円以内で移動できる場所を探した。

それが桑名だった。そこそこ距離があり、往復でも1900円というのが嬉しい。

JR桑名駅から歩いて15分ほどで桑名城へ着いた。ただ、現存建造物はなく石垣や堀が残るのみで現在は、憩いの場の九華公園として整備されている。

漁船の船溜まりだが、ここは桑名城の外堀で城壁の上に民家が建っていた。

蟠龍櫓は歌川広重の浮世絵「東海道五十三次」でも象徴的に描かれている。

立派な大鳥居は、伊勢神宮の遷宮(20年)ごとに建て替えられているらしい。

さらに歩いて重要文化財の六華苑を訪れたが、素晴らしく荘厳で圧倒された。

随分前にテレビで観た「天才刑事・野呂盆六6」では、この場所のこの椅子に座っていた悪役弁護士がボウガンで撃たれて死んだ。何気に感慨深かった。

午前11時。桑名と言えば、焼き蛤。はまぐり食堂で志ぐれ茶づけを堪能した。

2012年10月23日(火)  楽観日記

今朝、目の前を一匹の小さな虫が羽音も立てずに横切った。それは蚊だった。

弱々しかったが、蚊に養分を与える気もなかったので電流ラケットで始末した。

2012年10月22日(月)  天下布武

今日も快晴だったので近くて遠い小牧山城へ行こうと2時間前に思い立った。

ぶらっと歩き回った後にアピタ小牧店の中にある回転寿司でも食べて帰ろうと考えていたのだが、これがまったく疲れた。城をなめてはいけないと反省した。

さらに計画が狂ったのは、その回転寿司が先月末に閉店していたことだった。

メールマガジン 砂漠に水

メールアドレス