2012年09月30日(日)  楽観日記

ぎふ清流国体のボルダリング競技が文化センターで行われていた。まったく興味はないが、次女がアナウンス係として駆り出されたのでわざわざ行った。

予想外に楽しかったが、台風17号による暴風警報が発令されたので帰った。

2012年09月29日(土)  楽観日記

銀歯を詰め治すために歯科医院へ赴いた。自分の素早い行動力に感心した。

取れた箇所が右下奥と左上奥だと思っていたら、2つとも右下奥とは驚いた。

2012年09月28日(金)  楽観日記

2011年3月2日、ホットサンドを食べていた朝、右下奥に詰めてあった銀歯があろうことかチーズに負けた。そして今日、左上奥の銀歯がのど飴に堕ちた。

今月に入って2番目に憂鬱な一日となった。「いい加減、歯医者へ行きなさい」という神様の啓示だろうか。我が家は浄土真宗だが、予約の電話を入れよう。

2012年09月27日(木)  楽観日記

斬新なネタを仕入れようと三洋堂まで歩いた。その途中、若い銀杏を拾った。

「もう秋だね」。だが、昨晩は5匹もの蚊を潰した。最後のあがきなのだろうか。

2012年09月26日(水)  楽観日記

米粒は食べないという条件の下、無性にニンニクを食べたい衝動に駆られた。

そのとき頭に浮かんだのはペペロンチーノだった。肺活量の限界まで啜った。

2012年09月25日(火)  天下布武 , 宿飯行脚

昨晩、20時に寝たら23時に起きた。これではさすがに辛いので二度寝した。

それでも5時から仕事に取り掛かった。窓から眺める和歌山城は最高だった。

窓は15cmくらいしか開かないため、右腕だけを強引に突き出して撮影した。

今回は時間が限られていたのでホテルから最も近かった大手門から攻めた。

「石垣をよじ登る小人」にも見えるが、これは裏坂にある「エノキの根っこ」だ。

昨年の12月に訪れたときは木々に緑はなかっので今日はさらに美しかった。

楠門を抜けた虎口も同様だ。9時の開場と同時に入ったので人は少なかった。

私の手元のスタンプ帳を横目で確認するや否や、チケット売り場に座っていた男性が黙ってサッとスタンプを渡してくれた。その動作が妙にかっこよかった。

順調だった午前中だが、腹痛が勃発した。郡山城へ行こうと計画していたが、急遽変更した。「なんとか自宅まで無事にたどり着くこと」を新たな目標とした。

それにしてもJR加茂駅で乗り換えるのに40分近くの空き時間があったため、途中下車で界隈を散策しようにも何もなかった。ただ、気晴らしには良かった。

2012年09月24日(月)  天下布武 , 宿飯行脚

昨年末に訪れたばかりだが、紀勢本線を制覇するために和歌山へ向かった。

「海側で窓側の席」という要望を伝えてチケットを買ったワイドビュー南紀3号。

ところが熊野までの間、差し込む太陽光線が強くて気が滅入りそうになった。

新宮駅で乗り換えだが、1時間ほど余裕があったので市場調査に出掛けた。

以前、【カスタムレター】のお取り寄せで登場した香梅堂。不思議と懐かしい。

一袋300円の『鈴焼』を買った。店員の女の子の愛想が良く、印象的だった。

徐福公園のベンチに座って黙々と食べた。徐福とのツーショット写真を撮った。

新宮から和歌山までは特急くろしお26号に乗った。当然「海側で窓側の席」。

15時を過ぎると太陽も柔らかくなってきたようだった。静かな海を眺めていた。

18時前に和歌山駅に着いた。すでに辺りは薄暗かったが、気温は高かった。

和歌山城が目の前のダイワロイネットホテルの部屋からライトアップを眺めた。

駅の構内で買った水了軒の小鯛雀寿司(1050円:★★★)は、駅弁としては申し分なかった。妖しげな和歌山城と缶ビールに酔ったせいかも知れないが。

2012年09月23日(日)  完食記録

午後2時。細かい作業の果てに目がひどく疲れて深い眠りに落ちてしまった。

目を覚ますと病的にラーメンが食べたくなり、すぐ近くの丸源ラーメンまで車を飛ばした。一気呵成にかき込んだが、5~6分くらいで胃腸の限界が訪れた。

2012年09月22日(土)  楽観日記

「あなたにできることは歩くことだけ」と治療院の先生に言われ続けているので今日も歩いた。少しでも歩くのをさぼると喪黒福造のような太い声で叱られる。

また性懲りも無く岐阜駅構内で見苦しい張りぼてのイベントが行われていた。正直、鬱陶しいだけだ。こんなことで活性化するのなら全国に過疎地はない。

2012年09月21日(金)  楽観日記

48歳になっても誕生日ケーキは嬉しいものだ。特に私は病的なほど甘党だ。

今のところiPhoneの必要性を感じていないため記念写真はガラケーで撮った。

メールマガジン 砂漠に水

メールアドレス