2012年06月30日(土)  楽観日記

肝しぐれ煮というらしいが、幼い頃からこの卵が大好きだった。だが、ここ数年まったく見かけなくなり随分と探したものだった。だが今日、西友で遭遇した。

あまりに嬉しくてこの喜びを誰かに伝えようかと本気で考えたが、おそらく誰も喜んでくれやしないだろうから、一人でビールを飲みながらコソコソと愉しんだ。

2012年06月29日(金)  天下布武

紫禁城に一歩足を踏み入れたとき、日本の城を嫌と言うほどめぐりたくなった。

JRで豊橋へと向かった。その後、路面電車で豊橋公園内の吉田城に行った。

とにかく暑かった。豊橋から飯田線の鈍行に揺られて長篠城駅まで約1時間。

史跡保存館には、地元では知らない人はいない英雄・鳥居強右衛門がいた。

長篠城は宇連川と寒狭川の合流点の北側にある切り立った断崖絶壁の地に築かれていた。それを牛淵橋から撮影した。ちなみに「とりい・すねえもん」だ。

2012年06月28日(木)  楽観日記

五坪の辺りだろうか、真っ昼間だというのに明かりの点いた電灯を確認した。

自治会で電気代を負担しているだろうが、もともとは町内会費だ。腹立たしい。

2012年06月27日(水)  完食記録

記憶に残っているうちに『ラストエンペラー』で再確認をしようとツタヤに行った。

その帰り、デニーズのランチで今日の貴重な一食を済ませた。今、満腹中だ。

2012年06月26日(火)  楽観日記

ちょうど正午頃、きしめんを啜っていたら鉄板が凹むような鈍い音が聞こえた。

啜るのを中断して外まで飛び出ると案の定、バンとワゴンの衝突事故だった。

2012年06月25日(月)  海外紀行

相変わらず薄暗いうちに目が覚めた。ホテルの窓から天津テレビ塔を眺めた。

少し散策しようと思ったが、せっかくネットが24時間も使えるので仕事をした。

天津十景のひとつに数えられている街並みを散策したがタバコの煙臭かった。

長さ700メートルにわたり、民芸品や日曜生活雑貨類が所狭しと並んでいた。

すぐ近くの海河だが、水中が見えないこの川で泳いでいる地元民が4人いた。

アーケード街フェチには大好物の食品街だが、筆舌に尽くし難いトイレだった。

見る分にはそこそこ楽しめるものの買おうという気にはまったくなれなかった。

使い果たして1元も持っていなかったし。マクドナルドもどことなく薄暗かった。

「巨大な蛾のサナギか?」と思いきや、油で揚げた麻花という食べ物だった。

溥儀が1927年から天津を離れる1931年まで住んでいた静園が渋かった。

近くの路地裏が趣深い。後姿の男性が熱く語ってくれたが、意味不明だった。

まだ実際に住んでいるという現在進行形が物凄い。若い4人家族を見かけた。

溥儀が紫禁城を終われ、天津で最初に移住した場所がこのレンガ色の張園。

再び天津空港。周辺一帯は大掛かりな工事中だった。では、搭乗手続きへ。

そろそろヨーロッパ圏へ行きたいのだが、今のところ5泊以上の日程は仕事に支障を来たすので無理かも知れない。ここ数年の旅先はアジアが続くだろう。

2012年06月24日(日)  海外紀行

中国では水の心配をしていたが、なぜか異様なほど胃腸の調子が良かった。

老人たちの憩いの場である天壇公園では太極拳などで汗を流す人々がいた。

そこに圧倒的な存在感を誇る祈年殿があった。私が住んでいる町は祈年町。

親しみを覚えた。瑠璃色に覆われた屋根や朱色と金色の壁面が眩しかった。

建物には釘を使用せずに柱のみで支えてあった。昔の中国人は素晴らしい。

祈年殿東配殿には祈年殿の資料が展示されていた。祈年殿西配殿もあった。

少し逸れた場所には廃墟のような古めかしい建物と防火用の水瓶があった。

この中で愛新覚羅の末裔が書と絵を描いていたが、本当にそうなのだろうか。

少しばかり雨模様の天安門広場。人民英雄記念碑の向こうには人民大会堂。

毛沢東は、中華人民共和国の建国をこの門の上から世界に向けて宣言した。

故宮の正門である午門だが、さすがに日本の城郭の虎口とは大いに異なる。

アンティーク調の自動販売機が2機並んでいたので気になって仕方なかった。

映画『ラストエンペラー』の中で愛新覚羅溥儀が即位した舞台がこの太和殿。

10時間あっても観切れない規模なのでツタヤでDVDを借りてこようと思った。

とりあえずビールを飲んだ。胃腸は絶好調だが味覚はまったく合わなかった。

天津喜来登大酒店。100元(24時間)でネットを繋ぐと15分ほど仕事をした。

2012年06月23日(土)  海外紀行

4時半に目が覚めた。窓から電車に向かって話し掛けている自分に感動した。

ホテルの朝食も微妙に味覚が合わなかったが、とりあえず胃の腑に収めた。

万里の長城へ向かう途中、少し遠かったがバスから降りると鳥の巣を眺めた。

万里の長城(八達嶺)に完璧に着いた。必要以上に感動的でしばし閉口した。

想像よりも道幅が狭く、土曜日ということもあり世界中の人々で混雑していた。

人の迷惑を顧みず立ち止まってゆっくり撮影している身勝手な輩が多かった。

だが、そこは大和魂という名のショルダー・タックルで縦横無尽に押し切った。

今回は緩やかな北側の女坂を登ったが、次回は南側の男坂にも挑戦したい。

それはそうと上りは比較的容易だったが、下りは転びそうで普通に怖かった。

おそらく飲茶料理のはずだが、もう何を食べているのかわからなくなってきた。

当然の如く世界遺産の明の十三陵。事前学習が0だったので速攻で調べた。

いつまでも文化大革命を風化させないようにと修復していない建物があった。

十三陵の中でも唯一、定陵のみ地下宮殿が発掘されている。神秘的だった。

しかし、すべての場所においてタバコの煙臭い。明らかに意識が低い証拠だ。

シルクの家瑞華では、巧みな話術と笑顔に翻弄されて布団を買ってしまった。

夕刻の北京駅に行きたかったが、あまりに危険過ぎると知らされて断念した。

2012年06月22日(金)  海外紀行

軽い気分転換と何かしらのヒントと刺激を求めて初上陸となる中国へ飛んだ。

機内では先日、再放送で観たばかりの『相棒』を眺めながらカツ丼を食べた。

約3時間で天津空港に着いた。肯徳基(ケンタッキーフライドチキン)が匂った。

天津から北京へと向かう高速(SA)のトイレも臭った。便器は、TOTOだった。

世界遺産の頤和園(いわえん)は、西太后が再建したことで知られる庭園だ。

世界的な観光地ということもあり、得体の知れない売り子が異様に多かった。

龍には9匹の子どもがいて、その中の1匹が麒麟という解説が印象に残った。

西太后は光緒帝をこの玉欄堂に幽閉監禁し、自らの強権政治を復活させた。

いつものことだが、もう少し事前に歴史を勉強しておけばよかったと後悔した。

巨大な昆明湖は人口の湖。曇天だったが万寿山に聳える仏香閣を撮影した。

北京ダックの老舗で有名な全聚徳で夕食を取ったが偏差値47レベルだった。

北京万豪酒店。有線LANを無料で接続してくれたのでゆっくり仕事ができた。

2012年06月21日(木)  楽観日記

LG21がNGになりアレルケアに替えたが、これも微妙に合わなくなってきた。

薬剤師に勧められるままにザ・ガードを飲んでいるが、今のところ調子はいい。

メールマガジン 砂漠に水

メールアドレス