2011年11月30日(水)  完食記録

止ん事無き事情により、午後から出勤する長女と二人きりで値打ちなランチを食べるために加納にある狭い駐車場のデニーズに入った。バックで駐車した。

面と向かって話すテーマもこれと言ってなかったので、長女が誕生した日から今日に至るまでを時系列に話した。牡蠣フライの味などまったく覚えていない。

2011年11月29日(火)  楽観日記

たった今、新たなキャメル仲間の一員となるハンドキーポーチが届いた。だが、思っていたよりも小さかったためにクレジットカードが入らないことが判明した。

それはそれとしてオイルヌメの匂いだけでも十分に満足した。昼食も取ったことだし、これから1時間くらいあの手この手の四十八手で隅々まで触り続けよう。

2011年11月28日(月)  楽観日記

スーパーの安い鯖寿司を食べ過ぎたので重力に逆らうかの如く全身に負荷を掛けて丁寧に歩こうと思ったが、そのやり方が分からずに普段どおり歩いた。

すると近所の公園の放置自転車をワゴン車に詰め込む警官の姿を確認した。

何でも一掃する行為が年の瀬を感じさせた。また、アクティブGでは天井からぶら下がった煌びやかな電飾が嫌でもクリスマスを上から目線で感じさせた。

2011年11月27日(日)  楽観日記

朝から地鳴りがすると思いきや、各務原の航空自衛隊岐阜基地で航空祭が開催されていたようだ。それとの因果関係はないが、洗車をする気が萎えた。

また、近くの喫茶店でモーニングを食べる気も失せた。仕方がないので焼いたマフィンにはごろもフーズのゆであずきを縦に3cmほど盛り付けると頬張った。

2011年11月26日(土)  楽観日記

名古屋の高島屋で買い物を楽しもうと思ったが、オープンしたばかりのヤマダ電機がモーレツに混んでいるというニュースを見て岐阜の高島屋に変更した。

別に何が欲しいわけでもなかったので、1階の入り口近くにあるベジテリアでピーチ&ストロベリー(500円)を飲んで一日が幕を閉じた。今日も寒かった。

2011年11月25日(金)  全国甘党

訳ありスイーツを破格値の上に送料無料で提供する菓風のいちご大福を堪能した。私自身も軽く叩けば塵や埃だらけの訳あり人生なので大いに共感した。

さっそく家族に隠れて盗み食いをしている真っ最中だ。その気になれば鼻から吸引できるほどフワフワだった。だが当然、その気になどなるはずもなかろう。

2011年11月24日(木)  天下布武 , 完食記録

同じ岐阜県なのに一度も乗ったことがなかった明知鉄道で岩村へと向かった。

ここまでの趣は要らないと思うくらいレトロのさらに前のアンティークだった。

重要伝統的建造物群保存地区に指定されている古い街並みを一人、歩いた。

今回の目的は当然、岩村城。再建された太鼓櫓と表御門が迎えてくれた。

本丸に続く勾配のある山道を購買部が大好きだった弘道がひたすら登った。

日本一高い地に築かれた山城だけあり、一気呵成に登ろうと無闇矢鱈に張り切ったら吐きそうになった。47年間も働き詰めの心臓が一瞬、悲鳴を上げた。

本丸の六段の石垣はとても有名であり、岩村城を代表する景観のひとつだ。

やっと呼吸も整ってきた。ちなみに日本三大山城とは、岩村城、高取城、備中松山城のことを言う。賢人であるならば、常識の範囲として覚えておくことだ。

遠い紅葉が美しかった。紅葉といえば、最近では尾崎紅葉よりも山村紅葉を思い浮かべてしまう。まず間違いなく2時間サスペンスドラマの観過ぎだろう。

ふと岩村を訪れてから何も飲み食いしていない現実に気づき、指定文化財の勝川家の中で営んでいる蕎麦屋ゆいに入った。

温かい天ぷらそばを注文した。風と雨で冷えた体にはまったく嬉しかったので汁まで飲み干したかったが若干、塩分が気になったのでここはグッと堪えた。

2011年11月23日(水)  楽観日記

まるで家畜の餌のようにも見えるが先日、函館空港で買って来た花畑牧場のしみこみリッチ北海道コーンという菓子で、驚くべきことに今日の夕食だった。

決して褒められたことではないが、最近では水でも満腹になるリーズナブルな胃腸となりつつある。果たしてこれは進化なのだろうか?退化なのだろうか?

2011年11月22日(火)  完食記録

このところ寒過ぎて布団から身を起こす際に過剰なまでの勇気が必要となる。

一日も早い春の訪れを待ちわびながら、コメダ珈琲店の巨大なハンバーガーを一生懸命に頬張った。美味い不味い云々の前に顎の付け根がひどく疲れた。

2011年11月21日(月)  楽観日記

断津で「たつ」と読む。今年も悪しき習慣の年賀状の時期となったのでさっそく描いてみた。最初はこのデザインだったが、気が乗らなかったので却下した。

ちなみに、これはLOFTで見つけた既製の年賀状をそのまま模倣しただけだ。

メールマガジン 砂漠に水

メールアドレス