2010年11月30日(火)  完食記録

昨日、岡崎からの帰りの名鉄電車内にひどく咳き込む1人の老人がいたので
軽くうつったかも知れない。分別あるいい大人ならマスクくらいしてもらいたい。

最近は、若者よりも老人に問題が多いような気もする。そこで、マクドナルドの
期間限定メニューをアイスコーヒーで流し込んだ。さぁ、もう一踏ん張りするか。

2010年11月29日(月)  天下布武 , 日帰借景

絶好の散歩日和だった。名鉄電車で東岡崎まで気分転換を兼ねて出掛けた。

岡崎公園の中にある岡崎城。復元されたものゆえ、あまり感動もしなかったが
環境は良かった。木々は紅葉で赤く染まれば、料理は八丁味噌で真っ茶色。

午後2時。突如「故障中」の張り紙がしてあるからくり時計が能を舞い始めた。

存分に堪能したが、駅へ向かう途中、とどめで旭軒元直の味噌饅頭を買った。

2010年11月28日(日)  楽観日記

昼食用に作った揚げそば。長崎風に言えば、皿うどん。サラッと美味しかった。

揚げそばとは全然関係ないが、三重県亀山市に『カサブランカ』から拝借した
リックズ・カフェ・アメリカンという名の喫茶店があるらしいので12月中に行く。

2010年11月27日(土)  楽観日記

装いを新たにしたInsightが届いた。52~53ページが輝いていたので開いた。

案の定、私が載っていた。くじ抽選となるが、希望者(5名)には届けてやろう。

2010年11月26日(金)  楽観日記

このところ不気味なくらい活字が読みたくなる。しかも文庫本の小説に限って。

単行本にはまったく興味を示さないところが私らしくていい。古典はいいよね。

2010年11月25日(木)  楽観日記

来年こそは1日=3時間以内にしたい。DELLと向き合っている時間のことだ。

今日は3cmも外へ出ることなく、朝から晩まで地味に地道に仕事をしていた。

2010年11月24日(水)  完食記録

近くのコンビニまで生活費を下ろしに行った帰り道、ふと看板が目に留まった。

昭和の香りがプンプン漂うレトロっぽい雰囲気に郷愁をそそられ店へと入った。

山口百恵や新沼謙治が流れていた。渡辺真知子の『迷い道』に涙が溢れた。

三品定食(680円)。ご飯と味噌汁はお代わり自由らしい。また来週も来よう。

2010年11月23日(火)  天下布武 , 日帰借景

もうすぐ師走だというのに岐阜よりもっと寒い長野へ行こうという誘いに乗った。

名古屋でワイドビューしなのに乗り換えた。特急マニアには、たまらない瞬間。

松本駅に到着。国宝の松本城が荘厳に映り、とても満足した。その後、近くの
中町商店街を歩いたが、まったくコンセプトが曖昧な界隈で失笑してしまった。

一旦、松本駅に戻ると構内にある小さな喫茶店のココアで冷えた体を温めた。

長野行きの普通電車で姨捨駅へと向かった。有名な駅なので大勢が降りると
思いきや、私たち3人だけだった。また無人駅ゆえに、さらに孤独感が増した。

この駅からの景観は、日本三大車窓の1つに選ばれたほどの凄まじい美観で
眼下に千曲川、左手に善光寺平、右手に棚田の風景が満遍なく眺望できた。

改めて絶景。昨日の天気予報では雨だったが、そこは晴れ男。快晴となった。

姨捨駅は、今も残る貴重なスイッチバックの駅だった。火曜サスペンス劇場の
トリックに使えそうだ。日本には、まだまだ素晴らしい場所があると深く思った。

2010年11月22日(月)  楽観日記

今年からは世間並みに年賀状を出そうと思い、そのデザインをさっそく考えた。

仕掛かり状態だが、目を真っ赤に染めたエキゾチックなうさぎにするつもりだ。

2010年11月21日(日)  楽観日記

LOFTまでモレスキンのB5版ノートを買いに行ったついでに岐阜駅へ寄ったら
大々的にフリーマーケットが開催されていた。ちなみにノートは買わなかった。

もうすでに終了寸前だったので、捨てないがための破格の価格となっていた。

から揚げ(5個)と団子(3本)とたこ焼き(8個)で500円だったが不味かった。

メールマガジン 砂漠に水

メールアドレス