2009年12月31日(木)  楽観日記

まるちゃんの天ぷらそばだった。外は、大雪。明朝まで降り続きそうな勢いだ。

100%不愉快な気分にさせてくれる雪。来年は、どんな一年になるのだろう。

2009年12月30日(水)  楽観日記

世間から変に思われても今年の元旦と同様に来年の元旦も絶食を決行する。

日にちを決めてから物事に取り掛かるのが嫌いな性質ゆえ、誕生日からとか来月の○日からとか日の良い大安とか仏滅云々と言うのは一切あり得ない。

また世間が喜ぶキリ番とかゾロ目などには何一つ意味を見出すことができず、そんな詰まらぬ飯事にこだわっている者たちが哀れに思えてならないほどだ。

ところが、その日だけに行うという点では、私は元旦が一番いいと思っている。

浮かれた安い世間が飲んで食べてバカ騒ぎをしているときにこそ絶食を試み、米粒一粒でもありがたいと深く頭を垂れることのできる人間でありたいものだ。

家畜の餌としか思えないブロッコリーでも食べられるだろうか。自信はないが。

2009年12月29日(火)  完食記録

麺類は好んでは食べないが、ごくたまに無性に胃におさめたくなったりもする。それが今日だった。イオン各務原ショッピングセンター内のごまめ家に行った。

45歳の現在になってできるようになったことの1つに、不本意ながら半熟卵を普通に食べられるようになったことがある。咀嚼する力が衰えたせいだろうか。

2009年12月28日(月)  映画三昧

この2週間の内にたまったDVDをゆっくりと観ようと思うが、その中でも異常に楽しみなのが『現金に体を張れ』。心から敬愛するキューブリック監督の作品。

85分間という映画としてはとても短い作品ではあるが、かえってそれが良く、深く、濃く凝縮された素晴らしいサスペンス映画だと8年前から感心していた。

2009年12月27日(日)  楽観日記

再びこのような日記を死ぬまで書き続けようと思った理由は、引き出しの奥に1冊の日記帳を確認したからだ。表紙にはマリー・ローランサンの絵があった。

私が社会人1年生のときのものだが、恥ずかしい文言がずらりと並んでいた。だが、それでもページをめくるとその当時の情景が目に浮かび、懐かしく思う。

2040年。75歳の私が楽しく、懐かしく顧みることができるよう愉快に認める。

2009年12月26日(土)  楽観日記

仕事柄、ニュースレターをはじめ多くのコラム記事を扱ったり読んだりするが、とてもハイレベルな部分での理想は、阿久悠クラスだと日頃から思っている。

2009年12月25日(金)  楽観日記

三度の食事よりも大好きな熱帯魚の飼育を止めてから早7~8年にもなるが、ここ最近、また飼いたい病が目を覚ましつつあるのは国宝級に困ったものだ。

クリスマスの夜。どうせ2~3年も飼ったら飽きるに決まっていると発症寸前の自らに強く言い聞かせながら写経の如くアジアアロワナの絵を描いてみせた。

2009年12月24日(木)  喫茶吉作

無性に甘いものが食べたくなったのでJR名古屋高島屋内にある糖朝へ行き、それなりに体にもよさそうな気がしたという理由だけで仙草ゼリーを注文した。

クリスマス・イヴの夜も1人、目が真っ赤に充血するまで黙々と仕事に励んだ。

メールマガジン 砂漠に水

メールアドレス