2004年12月19日(日)  楽観日記

岐阜の市街を走る路面電車。もうすぐ廃止されるとか、延期だとか…。

そう思うと名残惜しくもなるものです。今までにたった1度しか乗ったことがないので記念に乗ってみようかと思った。そこで、どうやって乗ればいいんだい?

2004年12月18日(土)  楽観日記

私の中途半端に古い友人で、プルデンシャル生命に勤める木村宗和さん。

ときどき暇になると一方的な電話で近くのコメダ珈琲に誘ってくれます。でも、それはアナタが暇なだけであって私は結構、忙しい。でも、来年のカレンダーをくれたので許す。

2004年12月17日(金)  楽観日記

貪るようにして食べているのは、元住宅営業マンのメルマガを発行している志賀功宗さん。

中途半端に仕事をしていても食欲だけはかなり旺盛。ちなみに私がおごりました。でもメルマガの読者からの信頼も厚く、いろいろとアドバイスをされているようです。

2004年12月16日(木)  楽観日記

近くにある新荒田川。

岐阜には海がないので川への想いは深い。こんな小さな川でもずっと見ていても、やっぱり飽きる。

2004年12月15日(水)  楽観日記

几帳面でキレイ好きなこんな私が、整理整頓をちょっとしたら丸一室空いてしまった。

逆立ち歩行で遊んでいても虚しい。当面は使う予定もないので月10万円で貸してやる。

2004年12月14日(火)  楽観日記

愛知県豊橋市で印刷会社を営む石黒智子さん。

もうすぐメルマガをスタートします。別に私があおった訳ではなく、本人がそう決めたから仕方がない来年の1月中に発行していなかったら、立ち直れないくらい罵倒してやる。

2004年12月13日(月)  楽観日記

まだこんな若いのに10人以上の社員を抱える安藤公一さん。

とびの会社の社長です。すごいマジメな安藤さんは5本指の靴下です。ただそれだけ。何でもいいから、こういう人のお役に立つのはとっても嬉しいことです。

2004年12月12日(日)  楽観日記

近所にあるローカル・スーパーのバロー。

岐阜では超有名でバンバンに調子がいいんです。夏は涼しくてちょうど良いけど、冬のスーパーはちと寒い。卵の値札を撮っても仕方がないので苺大福を2個買って帰った。

2004年12月11日(土)  楽観日記

会ったことのない私の字の師匠である近藤由果さんの年賀状を手書きでキレイに書くマニュアルです。

私は一日に1回は、必ず筆ペンを使います。とても癒される。パソコンのキーよりも筆ペンを持った方が自分の武器に感じられる、そんな気がする。

2004年12月10日(金)  楽観日記

藍川中学時代の後輩@安藤良佳さん。

住民放送をたまたま聴いてバレてしまった。こんな頼もしい先輩を持って幸せ者だ。一言言いたいのは、過ぎてしまえばみな美しい。過去のつまらんことを言い出したら口を封じる。今日はアソシアホテルのエレベーターで内田裕也とすれ違った。

メールマガジン 砂漠に水

メールアドレス